大きくする 標準 小さくする

2021年度主将 ごあいさつ

主将 高野順平

第33代主将を務めさせていただきます。人間福祉学部高野順平です。

まず、私たちがラクロスをできていること、1部リーグで試合ができていること、これまでの関学ラクロスを作り、支えていただいたOBGの皆様に深く感謝を申し上げたいと思います。

昨シーズンは、新型コロナウイルスの影響により、思うようにラクロスができない日々が続きました。その中でも、先輩方は歩みを進めず、目的達成のため“keep pounding”のスローガンの通り行動し続けて下さりました。その事実や、これまでの関西学院大学ラクロス部の歴史の全ての事象を、私達が創部初のAB日本一、一回生チームの目標達成を持って証明したいと思います。

昨年は、特別大会、コロナウイルスによる規制、Youtube生配信等、初めてのことが多くありました。昨年の反省を今年潰すために班を増設し、組織としての厚みも増しました。
それでもまだ何が起きるかは誰にもわからないこの状況下において、挑戦と成長を止めないことを決めました。
一味も二味も違う、関学ラクロスを部員全員で体現します。これからも、今まで以上のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

“Proof-証明-“ 
 第33代主将 高野順平

2021年度主務 ごあいさつ

主務 山本寛人

主務 山本寛人

こんにちは。
今年度主務を務めます、経済学部4回の山本寛人です。

今年度は活動目的に「ラクロスに携わる全ての人に恩返しをし、新たな伝統の礎を築くことで次世代へと継承する」を掲げ、「全カテゴリー目標達成(A学生日本一 B:学生日本一 1回生:ウィンターステージ優勝)」を目標に活動して参ります。

昨年はコロナ禍に見舞われ、思うように活動することができませんでした。

今年度は苦難の連続であった2020チームで培った、プレー、組織両面の経験を糧とし、チームスローガン「Proof」を掲げ、創部初の日本一に向けて邁進して参ります。

OBG、保護者を始めしたと関学ラクロス部を支えてくださる全ての方々に感謝し、最高の結果で恩返しができるよう取り組んで参りますので、今後も熱いご声援のほどよろしくお願い致します。

関西学院大学体育会ラクロス部男子
2021年度主務
山本寛人

トピックス

 
 ごあいさつ
 ・主将 高野順平
 ・主務 山本寛人


 ラクロス部男子の歴史
  

 目標
   ・活動目的
 ・2021年度目標
 ・チームスローガン



 KG LAX 主務ブログ



 クロスの編み方