大きくする 標準 小さくする

KGLAX2022~ANSWER~ブログリレー

低脂質高タンパク

投稿日時:2022/04/26(火) 20:00

初めに、OBG並びに保護者、その他関係者の方々、平素より、多大なるご支援ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

今年度、副将を務めさせて頂いております。#15竹中寿汰と申します。

まずは、ブログを回してくれたリンタロウの紹介をしていきたいと思います。

鍛え抜かれた身体にドスの利いた声。
とんでもない奴に聞こえますが、その正体はツンデレちゃんです。

イヤや、ウザいなど言いながらその顔の奥にある笑顔を隠せていない可愛さがあります。
後輩たちも臆せずにどんどん絡みにいって欲しいものです。

また、プレー面においてもランクリをすると中々帰ってこない等のお茶目な所も有りますが、本当に頼もしい存在です。
そんな彼と今年のDFを作っていくのが楽しくて仕方がありません!

リンタロウの魅力はまだまだ尽きませんが、そろそろ本題に入りたいと思います。

「全日本大学選手権準優勝」

昨年の結果です。
これは、僕のスポーツ史において紛れもなく、最高の結果です。
しかし、その反面、最高に悔しい結果でもあります。

なぜなら、目の前に学生日本一があったからです。


先輩と後輩の力が上手く合わさっており、本当に最高のチームだと自負していました。

そして、本気でこの人達の為に全てを捧げようと思える人達がいました。

そんなチームでさえ、関東の壁を破る事は出来ませんでした。


正直、10回やっても10回負けていた、そう思わさられる程に、実力差を感じさせられました。

そして、迎えるラストシーズン。

私には、2つの決意があります。
その決意を語って、今回のブログを終えたいと思います。

一つ目は幹部としての決意です。
先代の副将が残した言葉に「副将は白いキャンバスである」と言う言葉があります。
当時は、この言葉をイジっていましたが自分が同じ立場になって身に染みて分かります。

副将は、何でも出来るけど何にも出来ない。

明確に与えられる仕事は無いけど、だからこそ、やれることがたくさんある。

副将が忙しく動くチームが、強いのだろうと感じます。

主将がチーム運営などチーム外に対しての仕事をしてくれている分、副将はチームの内部に対して、強く働きかける事ができると考えています。

後輩育成であったり、チーム運営の透明化など、やりたい事は沢山あるので実行すべく突き進み、
三坂率いる22チームを日本一のチームにします。


二つ目は、プレイヤーとしての決意です。


チームに失点の危機が訪れた時、守ることが出来るのはゴーリーである自分しかいない。

極論、ゴーリー が全て止めればチームは負けることは無い。

そんな究極の理想像を追い求めて、成長したい。

その為に、良いと聞いたり思ったりした事は全て試していく。

昨年の全学決勝のように、点を決められるだけの存在で終わりたくない。

そして、最後は皆んなで笑いながら引退しよう。

この2つが、僕の決意です。
残り約7ヶ月、僕たちは、全力で走り抜けます。

応援の程よろしくお願いします!

僕の想いはこれぐらいにして、次の人にブログをまわしたいと思います。

次にブログを書いてくれるのは、同じ副将のジュンペイです!

彼は今や伝説ポケモンのような存在です。
就活と怪我の影響もあり、中々グラウンドに姿を現すことは無いですが、姿を現すと圧倒的なテンションから繰り出させるボケで存在感を示してくれます。

そんな彼は、このブログでも他を寄せ付けない圧倒的な存在感を示してくれるでしょう。
皆さん、期待してブログの更新をお待ちください!!

この記事を書いたメンバー

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード: