大きくする 標準 小さくする

KGLAX2022~ANSWER~ブログリレー

僕の夢は金髪ロン毛

投稿日時:2022/04/13(水) 20:00

ブログ

まず初めに保護者の皆様、OBGの皆様、その他学校関係者の皆様、私たちの活動を支えてくださりありがとうございます。


今年度アタックリーダーを務めます、カリスマ性があると褒められた関学のローランドこと高見皇之介です。

ひとまず高橋くんの紹介から書かせていただきます。

高橋くんはどんな人なんでしょう。紹介を書こうと思ったんですが、実は彼のことを語れるほど僕は彼の本当の顔を知らないのかもしれません。ただ、1つだけ彼の特徴として思いついたのはイジりすぎるとキレるということです。
ディフェンスリーダーの福田くんが彼のことをイジって、ほんのちょっとキレてしまうというくだりは鉄板です。何度見ても面白い光景です。

そんな高橋くんですが、僕と福田くんの間をうまく取り持ってくれる柔軟さをリーダーとして兼ね備えているとよく感じます。僕は練習中に厳しい言葉をかけることが多いですが、彼は全員に対して穏やかに優しくフォローしてくれます。これからも互いの足りないところを補いながら、最高のオフェンスチームを一緒に作っていきやしょう。



さて、紹介はここまでにして本題に移らせてもらいます。

何を書こうかと色々考えたんですが、ただの高見皇之介語録をブログに残したとて、読んでくれてる人には何も影響を与えられないと思ったので、何個か僕がいい言葉だと思った名言を紹介することにします。


【無知の知】
 トップバッターはこの言葉にします。この言葉自体はソクラテスという古代ギリシャの哲学者が唱えたものなんですが、僕が知ったのはまたもや武井壮さんです。またまた武井壮。何度でも武井壮。

『ソクラテスの弁明』この本にソクラテスさんのことがめちゃ詳しく書かれてます。文書はめちゃくちゃむずいです。僕は3年かけて読みました。いや、3年はやりすぎやろ。

かなり難しい言葉なので、本当に簡単に説明します。自分が優れている、自分は1番だと思っている人はそれ以上のことを吸収しようとしない。自分の知らないことがまだまだあるということを知っている人は、伸び代があるため前者よりも優れている。

もっと簡単に言うと、毎日「オレ史上最高のオレ」を更新して生きなさい。ということだ。かの有名な坂本龍馬も「俺は昨日の俺ならず」という言葉を残しています。過去の方が楽しかった、幸せだった、過去に戻りたい、なんてことを思っている暇は1秒もないんだと強く感じさせられる名言でした。


      全盛期は常に未来    ぜよ。



【壁はいつだって前に現れる】
次はこの言葉にしちゃいます。またまた簡単に説明すると、人生においての壁は常に前にしか現れない。壁にぶつかるということは自分自身が前進し、成長している証だ。壁にぶつからない人は立ち止まっているだけだよ。って感じの言葉です。

僕はこのブログを読んでくださっている大人の方たちほどの壁にぶつかったことはないかもしれません。恵まれた環境で、何の不自由なくここまで成長させてもらいました。だからこそ、もうどうしようもないという大きな壁にぶち当たるまで、前進し続けたいと思います。



【世の中には2種類の男しかいない。俺か俺以外か】
関学のローランドではなく、本物のローランド様が言った名言です。これはかなり深いと僕自身は思ってます。まぁ簡単に言えば、人の意見を気にするなということと、自分だけの個性を大切にしなさいという2点の意味があるかなぁと感じました。

人それぞれ抱えるコンプレックスだったり、他人に対する嫉妬だったり、他人に対する憧れだったり。世の中には他人と比較して決めることばかりだなぁと21歳の若造が生意気にも感じる今日この頃です。自分のコンプレックスは、裏を返せば人にはない点。イコール長所でもあると言えるんじゃないでしょうか。

なんてことを書いてみましたが、ローランド様の言葉をどう捉えるかはその人次第だと思います。あなたが羨むあの人は、星の数ほどいるあなた以外の1人に過ぎないです。

強く生きましょう。


あまり多く書きすぎても仕方ないので、以上にします。

次のブログでは、初の日本一を果たした歴史上の人物としてこれらの名言に新たな高見語録を書き加えてやるぜ。




次にリレーを回すのは福田りんたろう君です。彼とはなんと高校生からの付き合いです。ですが、彼と遊んだ回数は片手で数えられるのではないでしょうか。
理由はただ一つ。彼は陸の孤島で有名な三田に住んでやがります。高校生の頃にはあまりの帰宅の速さからまだ狩猟で生活を営んでいるのかと噂になったほどです。そんな彼ですが、ラクロスになればまさに獣を仕留めるような目つきでボールダウンを量産します。練習ではあんまり痛いことしないでね。

ではよろしくお願いします

この記事を書いたメンバー

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード: