大きくする 標準 小さくする

KGLAX2022~ANSWER~ブログリレー

『憧れ』

投稿日時:2022/03/28(月) 20:00

平素よりお世話になっております。

まず始めに、保護者、OBGの皆様を始めとした関係者の皆様、日頃より関西学院大学体育会ラクロス部男子への厚いご支援、ご声援に対し、御礼申し上げます。

2022年度、主務を務めさせていただきます。坪田光平です。



まず初めに、すごいブログのハードルを上げてくれた主将の三坂天真くんの紹介をしたいと思います。

今更ではありますが、彼は2022年度関学ラクロス部の主将です。

本当に彼が主将で良かったと現時点でも思います。

チームをまとめる力、周りに対する気配り、何より日本一への思い、どの観点からも本当に歴代の主将に引けを取らない、素晴らしい主将です。


だから悩むことはあると思うけど、自信を持ってチームを率いてほしいです。


最近は色々話すことがあって、そこから主将の重圧を背負っているんだろうなと感じます。
周りには頼れる同期、後輩がたくさんいます。
いつでも頼ってくれ!!



ここからは私自身のことに移らせていただきます。

前回のブログでは、私が主務になった経緯についてお話しさせていただきましたので、今回は今の思いを素直に綴りたいと思います。


『現在はラクロス部で主務の役職に就いております』、就職活動でこの文言を述べると必ず、「主務はチームでどんな存在なの?」といった質問が飛んできます。

その度に私は、『主務はチームの縁の下の力持ち的存在です』と答えています。


私は1回生の頃、主務兼1回生コーチというチームでの圧倒的存在感を持っていた中坊さんに憧れていました。

今年度から私はコーチという立場でもチームに携わり、まさに私が憧れていた存在に近づこうとしています。


ただその憧れが、主務として、コーチとしてチームに貢献することが、どれだけ大変なことだったのか、今とても感じています。

実際主務になってみると、正直めちゃくちゃしんどいです。
コロナ対応めちゃくちゃ大変です。
就活しながら申請書書かないといけないの、めちゃくちゃきついです。


ただ、『学生日本一』取った後に、打ち上げの話のネタになるなら、死ぬほどしんどい思いしてやろうと思います。

『学生日本一』取った後に、みんなにつぼちんで良かったと言ってもらえるなら、死ぬ気で主務の仕事全うしようと思います。

『学生日本一』取った後に、自分の憧れに近づけているなら、歴代の主務に負けないような圧倒的な縁の下の力持ちになろうと思います。


最高の同期と、できるだけ長くラクロスしたいです。




あまり纏まりませんでしたが、この辺で終わりにしたいと思います。



拙い文章ではありましたが、ここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました。
今後ともご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。



次は、4回生MFリーダー高橋慶伍くんに回したいと思います。

彼は1回生の時、一緒に自主練をしていた仲間で、彼は終電まで帰らないようなタフさを持っているので、眠い目を擦りながら一緒に壁の前に立っていました。
そんな彼は一緒にサウナに行った時、熱い場所で熱い話をする男なので、とても熱いブログになると思います!

けいごよろしく!

この記事を書いたメンバー

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード: