大きくする 標準 小さくする

KGLAX2018 ブログリレー

憧れの4回生

投稿日時:2018/02/12(月) 23:36

 



新4回生の#39橋本雄貴です。



 



まず初めに、昨年度も多くの応援ありがとうございました。



ブログをまわしてくれたアマノの紹介をします。とにかくラクロスを誰よりも愛する男です。アマノからラクロスを奪えばなにも残らないほど、ラクロスにかける思いは素晴らしいです。アマノが紹介してくれたように、彼とは高校野球部時代から共に過ごしてきました。親友でもあり、ライバルでもあり、僕にとって居なくてはならないうちの一人です。共に高め合って日本一まで走り続けましょう。



 



自分が4回生になった思いを綴らせていただきます。



僕が過ごした3年間、いつも4回生の大きな背中に憧れていました。自分が4回生になったら、こんな人達のようになりたいと。ラクロスがただ上手いからではなく、本気で自分自身や仲間や組織や結果に向き合って、どんな状況でもチームを良くしようと、そして最後まで諦めずとにかく勝たせようとする姿。この3年間自分はその姿についていくだけでした。というより、ついていくのに必死でした。一昨年、昨年と満足の行く結果も出せないまま、とても歯がゆい気持ちでシーズンを終えました。そんな心が折れそうになったときに支えてくれたのは、同期と偉大な先輩方でした。その偉大な先輩方とはもう、同じ目標を掲げて同じフィールドで戦うことができません。だからこそ、今年、この同期と後輩たちと日本一を獲り、今まで支えてくださった先輩方に恩返しをしたいです。それが一番の恩返しであると思います。



 



今年から4回生という立場にある。毎日振り返ったときに、その考えや取り組みが、本当に正しいのか、本当に全力で向き合い取り組めたのか、自問自答をし続けます。自分が下手であっても、どれだけかっこ悪くても、チームのために、勝つために、必ず全力を尽くします。そしてどんな大きな壁が自分の前にあっても、とにかく諦めず全力で取り組み、超えてみせます。またこの先1人で越えられない壁が多くあると思います。その壁はこの仲間と必ず越えてみせます。その越えた先に日本一が待っていると僕は信じています。最後になりますが、必ず我々が『日本一』を獲りますので、関学ラクロス部の応援をよろしくお願い致します。



そろそろ次に回したいと思います。次に回すのは、MFリーダーの田中伊吹。伊吹は自分の考えをしっかりと持ち、常にぶれない軸を持っています。そんな彼の、日本一へのぶれない気持ちを綴ってもらいたいと思います。



 



いぶき、よろしく。

この記事を書いたメンバー

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
da226c3acbd404d14955715e8e9be5e8.png?1527348779
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ブログ最新記事