大きくする 標準 小さくする

KGLAX2018 ブログリレー

学生日本一のスタッフ

投稿日時:2018/01/19(金) 14:26

こんにちは。

今年度スタッフリーダーを務めます、新4回生の深津千晶です。



マネージャーという立場から学生日本一に貢献したい、この環境に身を置いて日々成長していきたいと決意してから、約3年が経とうとしています。



大学入学当時は今まで通り、プレーヤーとして新しいスポーツであるラクロスで日本一を掴みとりたいと思っていました。

しかし、体験会やモデルマッチで見た、男子ラクロスのプレーの迫力、クロスを器用に扱う繊細さに圧倒されました。



絶対に自分にはできないこのスポーツで、私も学生日本一を目指したい、チームに貢献したいと思い、マネージャーという形で入部しました。





入部してから3年、マネージャーって何してるの?ただお茶を渡したり、洗濯してるの?と聞かれた回数は、数え切れません。正直言われる度に、違うのに…と思います。



プレーヤーにボトルを渡したり夜遅くまで統計を取っていると、ありがとうと言われます。これも正直、違うのに…と思います。





私は、マネージャーの仕事を通じて、マネージャーという立場から、本気で学生日本一に貢献したいと思っています。





結果として実際にしている行動は、ボトルを渡す、コーンを置く、笛を吹く、かもしれません。しかしスタッフは、この1つ1つの行動全てに拘りを持つべきだと考えています。



これは、プレーヤーがショットを打ったりチェックダウンをするのと同じです。だから、ただのお茶汲みではありません。ありがとうでもありません。





そのくらい、自分の仕事に誇りを持って、スタッフという立場から勝利に貢献するという強い気持ちを持ってほしいです。そのために、常に上を目指して、学生日本一に貢献するスタッフでありたいと思います。





すごく自信に溢れたことを言いましたが、私もスタッフとして、そして人間としてまだまだ未熟です。



自分で限界を作っているのではないか?もっと柔軟な対応とは?どうすれば全員が成長できる組織にできるのかなど、問題はたくさんあります。



しかし、もうラストイヤーが始まっています。やるしかありません。学生日本一のスタッフ組織に、そして学生日本一のチームになれるよう、突き進んでいきます。



今年も応援の程宜しくお願い致します。





さて、次にブログをまわすのは、本日21歳を迎えた、阿萬野友昭です!



ラクロスが大好きで、大学生活はラクロスしかしていない、阿萬野くん。



見た目はとても小さいですが、ラクロスに対する気持ちはとても熱く、ATリーダーとしてチームを引っ張っる姿には尊敬しています!



ではお願いします!

この記事を書いたメンバー

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
2918551ac876f76027ae2b26c9132737.png?1529569743
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

ブログ最新記事